2017年11月05日

29年10月の読書メーターまとめ

今年も残り少なくなってきました。
10月の読書メーターをまとめます。

10月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:764
ナイス数:50

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)感想
初読み作者さん。名前しか知らなかった今まで作者を女性だと思ってましたがそれはおいておいて。
ああああ、騙されたっ。読み違えたのは全部ナツオの父親の嗜好と勝雄の名前が悪い、ということにしておく。そう、指喰われてるのにというのは気になってたんだけど。渡瀬さんが良い感じなので他の作品も読んでみます。古手川さんは回復力すごい。
読了日:10月03日 著者:中山 七里
絵のない絵本 (1952年) (新潮文庫〈第400〉)絵のない絵本 (1952年) (新潮文庫〈第400〉)
読了日:10月18日 著者:アンデルセン
絵のない絵本 (集英社文庫)絵のない絵本 (集英社文庫)感想
本文より解説の方が読みやすかったという本。訳が非常に読みにくく、途中で新潮文庫版を借りてきて一夜ずつ集英社版と新潮社版を交互に読んだ。交互に読むと互いに補完し合って解りやすい。
読了日:10月23日 著者:ハンス・クリスチャン アンデルセン
昔話法廷昔話法廷感想
昔話の登場人物(人間とは限らず)を裁判にかけるというある意味ナンセンスなことをやってのける本。というかそういう番組があったのですね。知りませんでした。裁判の結果は出ていないのですが、番組もそうだったのでしょうか。出ていたら出ていたで微妙でしょうが、全体的に物足りないかな。
読了日:10月23日 著者:今井 雅子,イマセン

読書メーター

「絵のない絵本」に手こずったわー。
あんなに薄い本なのに……。

次は漫画。

10月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:288
ナイス数:2

電流少年 1 (裏少年サンデーコミックス)電流少年 1 (裏少年サンデーコミックス)感想
「超楽! 古事記」の庭猫もるさんの本。やっぱりもるさんのセンス好きだなあ。
読了日:10月25日 著者:庭猫 もる
電流少年 2 (裏少年サンデーコミックス)電流少年 2 (裏少年サンデーコミックス)感想
PC兄さんが好きだ。
読了日:10月26日 著者:庭猫 もる

読書メーター

はい、二冊でした。
庭猫もるさんの「超楽! 古事記」が好きなんです。これはWEBで発表したものが書籍化されたのですが、「電流少年」は違うので、出てるの気付いてなかったり……。でもやっぱり面白かったです。
ちなみにこれ↓ですね。おすすめです。

超楽! 古事記 国生みから日本建国までマンガで読む歴史書 (単行本コミックス)


posted by RAY at 22:20| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。